メンタルヘルスサポート事業

カウンセリング

 

たくさんの情報があふれる一方で、人間関係は希薄になっている現代。

ストレス社会ともいわれる今、誰でも、心の悩みを抱えています。

「最近夜眠れない」「職場の人間関係で悩んでしまう」「不安が消えない」というような悩みや、以下のような問題でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

一緒に解決方法を探すお手伝いをします。

離職率抑制

職員問題解決、モチベーションの向上

家族・地域の評価向上

利用者満足度の向上

入居率の向上

経営の安定

コア人材の確保

業務拡大

 

インテーク(初回相談)相談内容について詳しく伺い、当相談室での継続した面接を希望される場合は、曜日や時間などについて契約を結びます。
心理療法・カウンセリングカウンセラーは、ゆっくり、じっくり、お話をうかがいます。無理に言葉にしなくても、他の表現方法でも大丈夫です。自分の心を悩ませているものは何か、その問題の背景にあるものは何か、などを一緒に考えていきましょう。解決方法を探すお手伝いをします。
原則として同じ曜日と時間に、担当のカウンセラーが継続的に面接を行います。
料金初回相談無料
面接・カウンセリング 1回60分/6,000円(税込)
※心理検査は臨床心理士対応となります。検査代として別途5,000円(税込)いただきます。
カウンセラー紹介古賀 美由紀(こが みゆき) 
日本心理臨床学会所属 ・臨床心理士(登録番号20707)
子育て支援プログラム「Nobody’s Perfect」認定ファシリテーター

 

心の健康診断

 

職場におけるメンタルヘルス対策の推進

 

健康管理
メンタルヘルス不調に影響を与える要因には、職場以外のものがあること等から、労働者自身がストレスに気づき、これに対処すること(セルフケア)が必要であるとともに、事業者が労働者のプライバシーに配慮しつつ適切な健康管理を行い、現場環境の改善につなげていくことが重要である。
管理者に対する教育
日常的に部下と接している職場の管理職、部下のメンタルヘルス不調の発見、早期対応や、職場のストレス要因の把握や改善に重要な役割を持つこと、また管理職自身のケアも重要であることから、職場の管理者に対する教育を促進する。


セルフチェック 早期発見・対応

 

コーチングによって得られる成果

産業医に相談するような問題になる前に、セルフケアを促進するメンタルヘルス予防事業のご提案を行っております。

従業員のキャリアや職場の人間関係、仕事と生活の両立、業務上の悩みをはじめ、契約法人の従業員からのさまざまな相談をメール、電話にてお受けします。

カウンセラーから定期的なメンタルヘルス情報が携帯電話やEメールに配信されるセルフチェックシステムの活用ができます。

臨床心理士、カウンセラーなどの心の専門家が、状態に応じて仕事上のストレスを解消し、バランスのとれた生活とキャリアの実現や目標達成を、サポートします。

 
取り組みの概要図

 
セルフチェック

 

お問い合わせフォーム