山下 総司
(やました そうし)

>

山下 総司(やました そうし)

医療法人社団 緩和ケアクリニック・恵庭 介護部門統括責任者
社会福祉法人ひだまり 理事
倶楽部くれぱす チーフアドバイザー

資格等

介護福祉士・社会福祉主事任用資格・認知症実践者研修修了者

 

得意分野

介護環境改善アドバイザー
(高齢者介護施設での自立支援を軸とする環境の創り方・食事、環境づくり、プログラム作り、送迎、入浴)

 

略歴

一般企業に勤務後、介護現場(デイサービス、障がい者施設、介護老人保健施設、在宅ヘルパー等)などで9年間勤務し、パート職員から管理者までを経験。
「選択と自由」のある施設づくりをテーマにデイサービス管理者時代に自施設で実践。
その取り組みは全国からの見学者を通して広がり、介護現場業務の傍ら「選択と自由のある施設づくり」をテーマに依頼がある事業所へ伺い、現場に入りながら研修、指導などを行う。
平成23年12月に大阪和泉市のデイサービスセンターを退職後、施設環境アドバイザーとして全国各地の介護施設・事業所などで実践を行う。
現在は、医療法人社団緩和ケアクリニック恵庭の介護部門総括責任者として勤務する傍ら、滋賀県米原市の社会福祉法人ひだまりにて理事としても活動を通じて地域づくりに携わる。
そして通所・入所に関わらず実際の介護現場に入りの介護・環境アドバイスの実践を行っている。
「介護現場は職員、利用者、経営者が一丸となって構築するもの」という考えのもと全国各地で希望が生まれる施設づくりを実践している。

【こんな仕事をしています】

・施設環境についての講演
・現場での実践方法、形作り(利用者の自主性を引き出す介護)
・職員のモチベーション向上に関する研修
・選択と自由のある施設運営、現場の構築アドバイザー
・施設管理者向けの施設マネジメント研修
・介護事業所などに実際に入り現場の方と共に改善、改革の実践研修
・施設職員が本当に使える接遇研修

【講師実績】

平成28年度は、全国で約20法人、約30事業所の施設環境アドバイザーとして定期的な訪問・研修・講演をさせていただきました(306日間)。また、各県介護福祉士会、事業所連絡会、社会福祉協議会、全老健全国大会、地区大会、民間事業所などより講義依頼を頂き、年間で40回程の公開講演、100回以上の施設での研修の機会を頂きました。
環境を中心とした研修では、そこを利用する方にとっても、働く職員にとっても、「目的・選択・自由」のある環境つくりが大切であるとお話させていただいています。
ご依頼があればどこへでも伺いますので、気軽にお声を掛けていただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

【著書】

中央法規出版 おはよう21(平成24年7月)特集:元気が出るデイサービス
QOLサービス(株) デイの経営と運営(環境創りについて)全6回執筆。
月刊デイ平成28年9月号特集、平成28年度 認知症ケア最前線連載中
日総研出版 平成28年秋季刊号ケア的環境づくり執筆