辞めさせたくない社員が辞めない組織

 

 

著者/井戸 和宏 (いど かずひろ)

株式会社IDO 代表取締役
 NPO法人Link・マネジメント代表理事

日本社会事業大学専門職大学院ビジネスマネジメント修士
社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員、認知症ケア上級専門士、厚生労働省認定認知症介護指導者

 

 

 

第一章 相手を尊敬する力を養う
  • イノベーションは互いの尊敬から
  • 奉仕を求めるのはブラックか
  • 現在の「一人前」の意味
  • 「数字は裏切らない」という幻想
  • 適切な環境の中で人は変わる
  • リーダーは育てられるもの
  • 「話し合い」でほとんどが決められる
  • ぶつかりあって当たり前
  • 相手の力を信頼する
  • 信頼なければコミュニケーションもなし
  • 結論が先行するとサービスは確実に劣化する
  • イノベーションは「他人ごと」ではない
  • 「言葉足らず」の上司に部下の心は離れる
  • 情報不足が組織を混乱させる
  • 「答え」は、自分自身が持っている
  • カウンセラーの鉄則はリーダーの鉄則
  • 「社員募集」を見たら会社の状態がわかる 旧リーダー像の皮を脱ぐ
  • 新リーダーはよく説明する
  • 社員にはエガオニストであってほしい
第二章 コミュニケーション力を養う
  • 指摘より質問を
  • 「言った・言わない」論争の起源
  • 言い分はどちらにもある
  • 上司の言葉は石のように堅く重い
  • まず「おいしいよ」
  • 「否定」ではなく「質問を」
  • 「指摘」より「気づき」
  • 相手の思考プロセスを活用する
  • コミュニケーションは1対1が基本
  • 相手の幸福が仕事の目的
  • 相手には敬意を払い、目を見て話す
  • 認知症ケアに学ぶコミュニケーションの本質
  • 自分の価値観を横に置く
  • デナイでない
第三章 コミュニケーションを組織化する
  • 1対1ラポールを基本に組織づくり
  • 意図が伝わらない会議
  • 会議では途中経過をまとめる
  • 中間管理職は「伝言係係」ではない
  • コミュニケーションを組織化する
  • 人を変えるのではなく、環境を変える
  • 発言を促すハード環境
  • 心の準備には段階がある
  • 意欲は高いが他者への関心が薄い若者
  • レディネスで人を分ける
  • ご機嫌とりでは人は育たない
  • 人育て企業に「ノルマ」はない
  • KPIはチームで担う
第四章 心の扉を開く力
  • 相手の心にさわやかな印象を残す
  • 「おはようございます」は喜びの表現
  • 「ほうれんそう」より「そうれんほう」
  • そう・れん・ほうで企画力をつける
  • 相手との距離をとることも大切
  • 「おもてなし」の心が自然発生する
  • 笑顔、承認が相手の心をオープンにする
  • セルフケアの勧め
  • ほめて徳とれ
  • 相手の美点を見つけ、適材適所へ
第五章 相談力を養う
  • 相談することでステップアップする
  • 「相談」で、鮭の滝登り
  • 相談は能力開発の機会
  • 「相談機会」を増やす
  • 認知症状を持つ人に相談する
  • 問題を一人で抱え込まない
  • 「質問力」を養う
第六章 心を聴く耳を養う
  • 相手の気持ちになって考える
  • コミュニケーション力は想像力
  • ビジネスは感動あってナンボ
  • 育てあい企業は夢を育てる
  • 得意な話題でポケットをふくらませる
  • 傾聴は相手も自分も強くする
  • 傾聴とポジティブ変換のタイミング
  • 「傾聴」を制度にする
  • メンターの「資格」は人間大好き
第七章 1対1面談力を養う
  • リーダーシップを育てる1対1の対話
  • 快適な職場とは
  • 対話・面談の方法
    0・テーマの設定
    1・関わり行動
    2・観察技法
    3・質問技法
    4・励まし技法
    5・言い換え(リフレーミング)の技法
    6・要約の技法
  • 自己主張するための方法
  • 自分の感情を「感情抜き」で伝える
  • 末期がんの人との会話
  • 互いに先入観に気づく対話を
  • 「減点主義」ではPDCAは回せない
  • 1対1面談のはじめ方
  • モンスター社員の対応
  • モンスターはほんとにモンスターか
  • 感情と感情がぶつかりあっているだけ
  • 思い込みの爆走
  • 自分の意見を認めてもらいたい
第八章 強いチームは個人の成長から
  • 納得できる個人目標の立て方
  • 人事評価は人材育成が目的
  • 悩む新人を支える
  • 独立したい人を応援する
  • 「リーダーになりたくない」
  • 介護は福祉からビジネスに
  • 体面よりラポール形成
  • 「第三者」を活用する
  • 相手を「部分否定」する
  • 仕事は個人ではなくチームで
  • 1対1面談で発言力を養う
  • 言葉足らずの「攻撃型」
  • クレームも伝え方次第
  • 「長い目」を養う勇気
  • アサーティブ(主張的)になるためのトレーニング
  • 人は自らの力で変わる
  • 自分の「作品」を壊すこともモチベーション
第九章 ミッションと戦略
  • 考え方を整理して広げる方法
  • 理念は「活用」するもの
  • ワクワクする将来像を社員と共有する
  • 「ミッション」でチームは動く
  • トップと社員はミッションでつながる
  • OJT頼りでは失敗する
  • 企業でこそ人格を
  • 経営者の役割は社風をつくること
  • 現状把握のための整理棚を活用する
  • 7Sは家族が暮らす家
  • 価値観は広げていくもの
  • 組織の弱みを見極める
  • シェアード・バリューを広げる
  • 交渉力は引き継ぎが難しい
  • 価値観を共有することで会社は動く
  • 安定がただの偶然ということも
  • 最大限の努力をするための7S
  • あとがき
価格【2020年3月末迄にお申し込みの方は送料無料!】

定価:税込1,540(本体1,400円 + 消費税140円)

10冊以上お求めの方には、著者割引20%OFFにて本書籍を頒布させていただきます。

著者割引価格:税込1,232(本体1,120円 + 消費税112円)

お申し込みフォーム

 

FAXでのご注文はこちら